ライトガイドの使い方

ライトガイドの使い方 ライトガイドは、光を伝える役割を担い、着色がなされていない透明なガラスファイバーが束ねられたものです。ライトガイドは現在様々な場面で用いられています。使い方としては、医療分野における内視鏡の照明具とシテの役割を担うことが代表的な用いられ方であります。狭いところを明るく透明な光で照らすことが出来るので、内臓器官を調べる時には広く用いられているのです。
その他にも、ディスプレイやインテリア照明に用いられています。光ガラスファイバーを束ねたものであるので、形状は自由自在であることから、ディスプレイやインテリア照明に広く使われています。ハロゲンやメタルハライドといった光源との相性が良く、多様な照明を可能とするのがライトガイドの特徴です。分光透過性の光を放つことが出来るため、ムラが無くて均一な明かりを得ることが出来るため、照明には最適の光であると言えます。ライトガイドは種類が豊富なので、用途に合わせて選べます。

ライトガイドは使用場面に応じて選ぶことができる!

ライトガイドは使用場面に応じて選ぶことができる! ライトガイドは透明なアクリル樹脂などの内面反射を利用して、片側から入ってきた光を他方へ効率よく導くためのものです。ライトガイドは、光の伝送を行うための無着色の分光透過性を持つガラス光ファイバーが多数束ねられたものになります。この機器が使用される場面としては、照明などが挙げられます。
例えば、ネオンライトなど、ハロゲンやメタルハライド、紫外光や赤外光などのいろいろな光源を組み合わせることで、いろんな照明を実現することができます。
また、液体ライトガイドなどのような、光伝送のコアが液体で満たされているものなどもあります。この器具は、入射面積に対する損失が少ないという特徴を持っており、光の伝送を効率よく行うことができます。ライトガイドはその性能も様々で、半導体や液晶露光装置向けの高性能のものなどもあります。このように、この製品には様々なタイプのものがあり、使用する目的・用途に応じて利用できるようになっています。