自動車の雰囲気を盛り上げる

自動車の雰囲気を盛り上げる 自動車のインテリアを楽しむアイテムの一つとしてライトがあります。綺麗なライトで飾ると、ワンポイントの光であったとしても、車内の雰囲気をゴージャスに演出し、夜のドライブのムードを盛り上げる効果があるので人気商品となっています。そのような自動車用光学製品には実に様々な商品が開発されていますが、その中にライトガイドと呼ばれる管状のものがあります。

これはアクリル樹脂などの透明樹脂でできており、内面反射の効果を利用して片側から入射した光をもう一方の側に効率よく導くことができます。ライトガイドの素材が柔らかな樹脂でできているので、丸い形状や複雑な曲面形状でも問題なく設置することができ、優しい光で車内を包むことができるのが特徴です。最近はLEDと組み合わせて発光源とし、消費電力を抑えつつ照明を楽しむことができるようになっています。僅かな光でもそれを読み取って、管の中で無駄なく均一に照明することが可能です。

医療現場でも活躍するライトガイドは手術や検査で活用される

医療現場でも活躍するライトガイドは手術や検査で活用される 医療現場で活用されるライトガイドは、人間の内臓を見る上でも重宝される存在で、内部は暗闇状態になっていることから光で照らすことで患部などを見つけることが可能です。近年は内視鏡検査を始め、内視鏡による手術も盛んに行われていることから欠かすことができない存在で認識されています。
もっとも医療現場で使われるライトガイドの特徴は、極小でありながらも照らす能力が優れているタイプになり、進化の過程を得て最先端の技術が導入されております。機械的な安定性に加え、人間の体内に入った時にストレスを感じることがない形状だったり、耐熱性にも優れた長寿命を実現しているタイプも多いです。
もちろん見たい患部を見る上では、アタッチメントが存在するので、それを変換することで光源の出る位置を変えたり、照度を調整することもできます。熱を生じることもない発光ダイオードによるライトガイドを利用することになるため、様々な国の高度医療でも貢献できるアイテムで必需品になります。